一級建築士事務所  
多田正治 アトリエ
  td-Atelier
news
profile
works
past works
blog
contact
 

new
new
new
new

recommend

recommend
recommend







recommend




recommend



recommend


recommend



recommend






recommend


KOH no TAYORI
bokuyado nishijin
otoyado IKUHA
Factory of "Kajika no Aburi"
"book rental and tea shop"
a day in khaki
kumanonism!
kohnoie
Shizuya KYOTO
Uchi x Ten
Exbition for Tamoto Kenzo
kiosk in ikarugaa
"Architecture and Society"
MOKEI KASEI
Exhibition at Kinki Univ
Koko wa Soko
atelier in nishiohji
kenchiku_chronicle
office on Oike street
coffee shop "Erika" 2nd
tanzaku
japanese old folk house in seikacyo
coffee shop "Erika"
dice with ZERO
house in hanayashiki
<house
nico's building
rolling houses
traditional "SUKI" residence in simogamo
house in murasakino
folly of "ro"
tsurara
hekimen
geta-structure
handrail in the forest
house in koyodai
mgg
sodatsu ie
huo
house in koyodai
幸陽台の家
 
   
click image
movie
Term:2007-2008
Client:Individual
Design:Tada Masaharu + Endo Shojiro
Structural Design:Sato Takahiro
Construction:Job Inc
Construction Area:63.04m2
Total Floor Area:96.17m2
Photo:Ichikawa Yasushi
Movie:Matsumura Kohei
   

 

木造2階建住宅の中心に1枚のRC壁を配置することで、
構造的合理性を持たせるとともに内部空間を規定する
象徴的な壁として機能させている。
住居の中心に貫通したRC壁により、
内部空間はゆるやかに分断され、
玄関やリビング、寝室など、複数の性質の異なる場所を
RC壁の周りに生み出している。
一方で、家具や照明、開口部は各空間をまたがるように配置されており、
分断された空間は同時にゆるやかにつながっているように感じる。
そして空間を体験すると、すべての場所はRC壁と関係性を持つことに気付く。
RC壁は平面的にも断面的にもプランを貫入するため、
常に存在するRC壁は「1枚の壁」と意識され、
建築全体は大きなまとまった空間として再統合されていく。
RC壁は屋根と2階床の鉛直加重を支え、全体の水平方向の耐力を負担している。
このことにより、木造部分への応力を軽減させ、
建物の四方のハイサイドにぐるりとシームレスな開口部を設けている。
この開口部により、内部では空と六甲の山々がパノラマに切り取られ、
そこから豊潤な光を享受する。
structure model