一級建築士事務所  
多田正治 アトリエ
  td-Atelier
news
profile
works
past works
blog
contact
 

new
new
new







recommend




recommend



recommend


recommend



recommend






recommend


kohnoie
Shizuya KYOTO
Uchi x Ten
Exbition for Tamoto Kenzo
kiosk in ikaruga
"Architecture and Society"
MOKEI KASEI
Exhibition at Kinki Univ
Koko wa Soko
atelier in nishiohji
kenchiku_chronicle
office on Oike street
coffee shop "Erika" 2nd
tanzaku
japanese old folk house in seikacyo
coffee shop "Erika"
dice with ZERO
house in hanayashiki
<house
nico's building
rolling houses
traditional "SUKI" residence in simogamo
house in murasakino
folly of "ro"
tsurara
hekimen
geta-structure
handrail in the forest
house in koyodai
mgg
sodatsu ie
huo
house in hanayashiki
花屋敷の家
 
   


click imag
movie

Term:2010-2011
Client:Individual
Design:Tada Masaharu + Endo Shojiro
Construction:Kurahara Co.,Ltd.
Construction Area:47.91m2
Total Floor Area:83.24m2
Photo and Movie:Matsumura Kohei
   

 

木造2階建住宅「花屋敷の家」は、宝塚の高台の中腹の閑静な住宅地にある。
街並みへの眺望が得られる一方、周囲からの視線が集中する立地である。
そこで、視線を遮るために、スリットがいくつか設けられた抽象的な箱のような住まいとした。
大きな壁面には木々や街の表情を影として投影し、スリットからは中の気配を感じさせる。
ファサードの3面には直接窓を設けず、外部と内部の境に「光箱」と呼ぶ複数の緩衝領域を設けることで、
内部空間に光の気配のようなものを現出させている。
内部は柔和で穏やかな光で満たされた空間となっている。
また、住空間の中央に建てられた2層分の高さの1枚の赤い塗り壁が、線状の吹抜を介しながら、内部空間を大きく仕切る。
赤い壁を回り込み、もしくは仰ぎ見、覗き込むことで、次の空間を感じさせ、また同時に全体を知覚する。
そして、廊下や階段という通過動線を含めた建築全体は、シームレスに繋がり、
日々の光の移り変わりによりダイナミックに表情を変える。
キューブに設けられたスリットは、内部空間においては坪庭やデッキスペースとなる。
「光箱」による光の気配は、スリットから取り込まれる空や緑、風、街の風景とあいまって、
濃密で心地の良い時間と空間を醸成する。