一級建築士事務所  
多田正治 アトリエ
  td-Atelier
news
profile
works
past works
blog
contact
 

new
new
new








recommend




recommend



recommend


recommend



recommend






recommend


kumanonism!
kohnoie
Shizuya KYOTO
Uchi x Ten
Exbition for Tamoto Kenzo
kiosk in ikaruga
"Architecture and Society"
MOKEI KASEI
Exhibition at Kinki Univ
Koko wa Soko
atelier in nishiohji
kenchiku_chronicle
office on Oike street
coffee shop "Erika" 2nd
tanzaku
japanese old folk house in seikacyo
coffee shop "Erika"
dice with ZERO
house in hanayashiki
<house
nico's building
rolling houses
traditional "SUKI" residence in simogamo
house in murasakino
folly of "ro"
tsurara
hekimen
geta-structure
handrail in the forest
house in koyodai
mgg
sodatsu ie
huo
japanese old folk house in seikacyo
精華町の古民家
 
   


click imag
movie

Term:2011-2012
Client:Individual
Design:Tada Masaharu + Endo Shojiro
Construction:Kurahara Co.,Ltd.
Construction Area:114.35m2
Total Floor Area:134.16m2
Photo and Movie:Matsumura Kohei
   

 

before

京都と奈良の県境、京都府相楽郡精華町にある築100年以上の古民家の再生・改修計画。
夫婦と子ども2人で営む、おおらかな「田舎暮らし」のための住宅。
建築主の要望は
「古民家の風情は残しながらも、現代的で開放的な空間に住みたい。」
ということであった。
そこで、古民家の力強い骨格を残し、民家の中に新たな白いキューブを置くというイメージを描いた。
古民家とキューブの隙間が、様々な新しい空間として生まれ変わる。
新しいキューブの挿入により、民家の典型的な「田」字型プランは、「回」字型プランへと変わり、
平面的な民家は立体的な新しい住まいへと、更新される。
ぐるぐると回遊できたり、ゆるやかにつながったり。
裏と表、内と外、上と下などの多様な空間の関係性が、
生活に豊かさを与え、子どもの成長や家族の変化に柔軟に対応する。
民家の骨格は、白いキューブを背景に浮かび上がり、
100年の歴史を静かに誇示している。
民家の歴史は、新しい家族が住まうことで、引き継がれ、新たな歴史を歩む。
家と家族が、足並みを揃えて育っていくことを祈念している。

Renovation of Japanese old folk house 100-year-old or more .
This house is for Couple and two children to enjoy the country life.

Leaving the structure of the strong old folk house,
I put the white cube new in the old folk houses .
Structure of the old houses stand out by white cube.
By insertion of a new cube,
old folk house was changed to one that can be circulated in three dimensions. 100-year history of the old house is taken over new.